読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AIプログラムとかUnityゲーム開発について

探索や学習などを活用したAI系ゲームを作りたいと思います。

格安VPSのServersmanにfcgidを導入して高速化

ランダムマッチングのcgiをApacheBenchで速度を調べたところ、

Request per second がだいたい 2/sec

要するに一回の取得に0.5secぐらいかかっている。お、遅い! なんて遅いんだ!

これはやばい。さすがに月480円は伊達じゃない。

ということで、index.htmlに対して行うと

Request per second がだいたい 975.04/sec
さすがに十分早い。

ということは、遅い原因は、Apacheperlmariadbかのいづれか。
試しに、mariadbなしのCGIで調べると、
やはり Request per second だいたい2/sec

レコードが2件しかないのにmariadbが遅いってことはないだろ。
犯人は、perlapacheに絞られるが、index.htmlが遅くない以上、犯人はperlになる。

通常のcgiコンパイルやプロセス起動がHTTPアクセスの度に発生するので、このへんが格安VPSの劇遅いCPU環境で負荷になっているのではないだろうか。

参考ブログでも以下の言及があった。(10年前の記事w)

不必要なライブラリを極力ロードしないように気を付けているadiaryですら、
cgi実行時間の約9割がPerlのコンパイル時間です。

とうことで、このへんの負荷を低減するために、CGIプロセスが常駐するfastcgi環境を構築してみる。

yum install fastcgid

モジュールはこれであっさり入った。

locate "mod_fcgid.so"

ダイナミックリンクライブラリのインストール場所を確認する。
拡張子fcgiがfcgidで動くようにapacheの設定を変更。
httpdをrestartする


1文だけ表示するcgiを作って、通常とfastcgiで比較する

通常cgi
Request per second がだいたい 2.3/sec

fcgid
Request per second がだいたい 23.53/sec

おー!十倍速くなった! (それでも遅いんだけど。480円だし)
ただし、fcgiの中で、mysqlにアクセスするとうまく動いてない。
まだ調査中。

動いた。mysqlのハンドラをグローバル変数にしてて、その関係で動かなかった模様。
引数で渡したら動いた。
ただ、アクセス数を増やすとfailedの割合が増えるのでちょっととほほって感じ

kimoto.hatenablog.com

調べると、CGIのレスポンスの長さが変わったらfailedとみなす仕様らしい。
なんじゃそりゃ。
ランダムレコード取得だから、当然毎回長さは変わる。
SQLを動かした結果を表示せずにCGI終了させてみると、abのfailedは0になった。
別にCGIがこけているわけではない模様。

ab -n 50 -c 50でたたいても 24 Time per secondは出ていたので、めでたしめでたし。




fcgidで動かすperlスクリプト

#!/usr/bin/perl

use FCGI;

use CGI;
use strict;
use warnings;

my $request = FCGI::Request();

while ($request->Accept() >= 0) {

	our $cgi = CGI->new;
	print CGI::header(-charset=>"utf-8");

	print "FASTCGI";
}

exit;


参考
adiary.blog.abk.nu


tweeeety.hateblo.jp

広告を非表示にする